発信軸×ライティングスキルを適切な価値で提供するために

マインドセットの変化と「価値」の考え方

突然ですが、来月消費税が10%に増税されるにあたり
株式会社心の文章やの商品・サービスの単価を上げます。

下げることは今後ありません。
(私が主導しているクラウドファンディングのリターンでのみ
「死ぬまで10%オフチケット」が手に入ります)

理由は簡単で、私が提供する発信軸
つまり「誰に対して、どんな内容を、どういうコンセプトのもとに
伝えていくのか?」という戦略決めは、ライティングスキルと相まって
お客様の将来的価値を一気に高めると確信できたからです。

やみくもに発信しても意味はなくて
むしろ逆効果で、ネガティブキャンペーンになってしまう。

軸を定め、発信の方向性を明確に地図が描けるようになったら
どんなSNSだろうが、動画だろうが、何も迷わなくなります。

今までずっと自己投資をしてきました。
2日で55万の講座に出たこともあります。
一度にお金を払うと、正直冷や汗が出ますね。

そうしてお金と時間をかけ、広島から東京や大阪、神戸で
学んできたことを、私はもっとお客様に価値をもって伝えたい。

価値を感じて頂ける方に、受け取って頂きたい。

だからこその単価見直し、値上げです。

発信軸を定めることにきちんと価値を見出し、飛躍できる人をこそ応援したい

でも、ちょっと待って下さいよ!と言う方も
もちろんいらっしゃるでしょうね。

「でもお金が今はなくて…」というあなたへ

お金がない、支払えない、学びたくても投資する余裕がない
その気持ちってスタートアップの頃、誰もが持ちやすい悩みだし
私もお金をやりくりしながら、どうにか学んできたから、理解できるんです。

そして、私のビジネスの根幹は「おうえん」なので
お金がない=応援しない、ではない。

お金がなくても、今の底辺から這い上がりたい。
絶対に成長して、社会やお客様に貢献しながら、お金も自由も手に入れる!

そういう方は私も心から応援していきたい。

だから、可能な限りの分割のご相談に応じます。
あと、必要のない商品やサービスは「今のあなたなら必要ない」と言ってお断りを
することもあります。

私以外の専門家の方が適切だと思ったら、必要に応じてお繋ぎします。

あらためて、私の得意は
コンセプトメイキング、SNSを組み合わせた戦略立案、想いを伝えるライティング
あとクラウドファンディングの活用もこれからの得意分野です。

あなたのビジネスがお客様に正しく伝わるように、発信軸を明確に、コンセプト作りを全面的にサポート

想いを伝える文章とクラウドファンディングはとても相性がいいので
あなたに生みだしたい商品やサービスがあるのに、資金不足という場合、
クラウドファンディングでお力になれることもあるでしょう。

だから、お金がない、は気軽に相談して頂きたいです。
その上で学びたい、そして学びに対してきちんと対価を払いたいという
意志のある方ならば。(ただ取りをしたいという思考はうまくいかないですよ)

それでも資金の余裕がないあなたへ

そうは言われても、月1万円以下でも正直余裕がなくて…
そんな方もいらっしゃるかもしれませんね。

日々の資金繰りがカツカツで、預貯金残高を見てため息をついて…

そういう厳しい時期だってあります。
どうしようもなくて、信頼できる人や消費者金融から借金をしないと回らない時期
そんなときだってありますよね。

でも、それでも困ってる、学びたい!と言う方に向けて
1日あたり18円、月額540円(税抜)のサービスをご用意します。

「1日1通の質問に答えるだけで、
あなたの発信軸ができあがる、ただゆりLINE」

マーケティング視点から、あなたの現在地とゴールを見出し、一緒に戦略を立てるLINE

10月から始動します。

このLINEは本当に質問を投げるだけ
個別の返信にはお答えしていきますが、セッションとかはしません。

そして私のイベントやセミナーの告知もしません。
あなた自身の戦略を立てるための教材としてご利用頂く予定です。

イベントやセミナーなどの告知は、別のLINEが別で動いています。
→告知用のLINE公式はこちら
▼QRコードで読み取りたい方は下のコードで登録下さい▼

告知用多田百合惠LINE公式

上記告知用LINEでも、10月の新サービスリリースはご案内いたします。
気になる方は先に登録しておいてくださいね。

よろしくお願い致します。

この記事を書いた人

心の文章や 多田百合惠

心の文章や 多田百合惠

戦略を提示するコピーライターとしての経験とマーケティングの学び、そして自分史活用のスキルを組み合わせて法人様や個人事業主の方に対し、ミッション発信をコンサルティングいたします。
弊社MISSION「ミッションの発信を価値にする」