空間を切り取るメディアとしての文章

メディアの動と静

先週末は、夫と二人で
音楽旅行に出かけていました。

梶浦由記さんのサウンドトラックライブで
ピアノ・ベース・ドラム・パーカッション
フルート・アコーディオン・イーリアンパイプス
チェロ・バイオリン・歌い手さん
のトッププレイヤーが競演する
本当に豪華なライブでした。

音の弾丸、体の中の水を震わせる振動
観客とともに音楽が満たされていく

CDやBlue-Rayでは伝わらない
生の音楽の魅力がありました。

※画像はイメージです

そこでふと思ったんです。

音楽はCDとライブでずいぶん違う。
切り取られ記録された音楽と
空間で動的に今繰り広げられる音楽

音楽と比べて
さて、文章というメディアは
果たしてどういう性質だろうか
と。

音楽が動だとするなら
文章は静のメディアなのだろうなと
思ったんですね。

私という書き手のフィルターを通じて
空間を切り取り、表現する

記録し、再生や編集が簡単な分
動的な魅力は損なわれやすい

文章のライブって
やれるならやってみたいんですが
ちょっと思いつきにくいですね(苦笑)

それでも、「動」の表現を目指して

切り取るメディアである文章には
限界があって
言葉にできないものがある。

伝えきれないものがある。

音楽を前に
あらためて「言葉にできない」
「言葉が足りない」という限界を
知りました。

それでも
限界をわかっていても
「動」を表現しようと
し続けたい
んですよね。

確かに限界はあるのだけれど
文章にも込められる魂というか
波や空気があって

文章を通じて
動を読み手の脳内に再生する

ことができたなら
それが本当に「心」の文章
なのかもしれない。

まだまだ道は遠いですが
音楽にふれて
動の感動をいかに留められるか
再生できるか

私がライターである以上
その試みにずっと
仕事を通じて挑みたいですね。

この記事を書いた人

心の文章や 多田百合惠

心の文章や 多田百合惠

「まだまだ荒削りだけど、実践力がすごい!注目株のコピーライター」
「ライターの枠に留まらない、経営者の戦略を相談できる相手」

なんてありがたい評価を賜っております。さらに精進いたします。

国際基督教大学卒業後、営業職などを経て、大学院修士取得後、地元広島でライター起業。
東京で学んだ集客やセミナー講師のスキル、マーケティングを活かし、戦略としてのライティングを提案し、お届けしています。