文章とコミュニケーションとマーケティングと

文章とメディア選択

文章発信を活用するなら

方向性をしっかり定めること

が大事になってきます。

文章を書くときに必要なのは

誰に向けて
何を伝えようとするのか?

そこが明確じゃなきゃ書けません。
そして、

何を通じて伝えようとするのか?

によって表現も変わってくる。

SNSを使うにしても、SNSの種類ごとに
背景となる文化が違う。

たとえばTwitterとFacebookなら
Twitterのほうがコミュニケーションの
距離が近いと感じます。

同じ情報を提供するにも
距離感が変わってくる。

文章の表現も変わってくる。

文章とマーケティング

誰に何を伝えるか?
何を通じて伝えるか?

はそのままマーケティングの
お話だと言えるでしょう。

誰(ペルソナ設定)
何(コンテンツメイキング)
何を通じて(メディア戦略)

こういう言い方すると
急に難しく感じますね。

ようは全て目的(認知UP/売上げUPなど)
を達成するための手段にすぎない。

SNSっていうのは
メディア戦略の選択肢の一つ

誰(お客様)によっては
当然変えますし
紙媒体の方が有効な場合も
もちろんありますね。

例えばお客様が
SNSなんてほとんど見ない
層だとするなら

SNSを活用する意味は少ない。

ただ本当に
SNSを活用する層にお客様はいないのか?
を考える必要はありますが。

士業PR っていう士業さん向けの
販促媒体作成サービスをやってるんですが
WEBと組んで、紙とWEB両方やれるように
しているのは、そのためですね。

それぞれにメリットデメリットが
あります。
例)印刷コスト、運用スキルなど

お客様の状況によって
紙とWEB、どちらからより
整えればいいかご提案できるからです。

ご提案の力も文章やに求められること。

もっともっとお客様のことを
知って学んで
お役に立てるようにしたいと思います。

この記事を書いた人

心の文章や 多田百合惠

心の文章や 多田百合惠

戦略を提示するコピーライターとしての経験とマーケティングの学び、そして自分史活用のスキルを組み合わせて法人様や個人事業主の方に対し、ミッション発信をコンサルティングいたします。
弊社MISSION「ミッションの発信を価値にする」