価値を知られるために発信・リサーチする

「知ってもらう」ことがスタート

昨日、ご縁を頂きまして
広島県産川内きくらげの農園を
お伺いしました。

生のきくらげって
食べたことありますか?

ぷりぷりとしてクセがなく
お刺身がとってもおいしい。
天ぷらも最高なのだそうです。

家族にも持ち帰りましたが
好評でしたね

FBでもご意見を聞いてみましたが
きくらげが好きという方は
割といらっしゃる。

栄養価も高いし、カロリー低いし
何よりおいしいキノコです。

その価値を
知っている人は、知っている。
好きな人は好き。

本当に当たり前のことですが
商品は知られない限り
好きか嫌いかを判断することも
できません。

お客様にとっての価値を決める前に
まず「知って頂くこと」から
スタート
なんです。

その知って頂く手段として
コストを抑え、効率よく伝えるのに
ネットはとても向いている

というお話ですね。

ネット=認知とリサーチのツール

きくらげ農園さんでもお話したんですが

商品の価値を
どんなお客様が求めているか

知るためには多くのお客様に
まず情報を届けなくてはいけないのです。

意外なお客様が必要としている
ことだってよくある話です。

そして関心を持って頂き
購買へとつなげていく必要があります。

きくらげの場合、メインの告知は
チラシなどだったようです。

チラシなどの紙媒体は
配る場所や相手を選べば
もちろん効果はあります。

でも印刷コストもかかります。
あと、「どこで誰に配るか」を
きちんと考えないと効果は落ちる。

ネットのいいところは
「誰」が必要としているか
「どうやって」届けるのが一番か
と言ったリサーチを発信と同時に
できること
だと思います。

発信だけならコストかかりませんしね。

だから私は
SNSは特に活用すべき
という意見を持っています。

資本が少なく、手探りの段階なら
なおのこと、SNSは武器になります。

今後、おいしいきくらげ販促の
文章のお手伝いやSNSサポートが
できそうで、私もわくわくしています。

この記事を書いた人

心の文章や 多田百合惠

心の文章や 多田百合惠

「まだまだ荒削りだけど、実践力がすごい!注目株のコピーライター」
「ライターの枠に留まらない、経営者の戦略を相談できる相手」

なんてありがたい評価を賜っております。さらに精進いたします。

国際基督教大学卒業後、営業職などを経て、大学院修士取得後、地元広島でライター起業。
東京で学んだ集客やセミナー講師のスキル、マーケティングを活かし、戦略としてのライティングを提案し、お届けしています。