紙媒体とWEB媒体における文章の見せ方の違い

WEBで見せる場合のフォントサイズ

私はPR小冊子を紙媒体でも作るし、
ご希望にあわせてPDFでもお渡ししますが
気をつけていることがフォントサイズ。

印刷ベースでPDF作ると、かなり
小さくて読みにくいんですよね(^_^;)

WEB媒体だと14PTくらいが
読みやすいと思う。

私のPR小冊子見本 だと両方にある程度
使えるように12PTで構成してます。

紙印刷だと10.5PTが普通のフォントだと
思うのですが、特にスマートフォンから
閲覧する人のことを思うと

WEB公開の文字は大きめ

のほうが読み手にやさしいと感じます。

紙の余白についても、印刷する場合は
印刷用の四隅の余白が必要ですが、
(印刷会社にもよりますが15mmくらい)


WEB公開のPDFなら必要ないので
余白はギリギリ5mmくらいまで
削ってます。

色の見え方とかも大分
紙印刷とWEBじゃ違うんですが
こちらはよいサイトがあったので
ご紹介だけ。

↓参考にさせて頂きました↓

【リテイクはもう嫌!!】
紙とWEBではこんなにちがう?
おさえておきたいデザインルール!

スマートフォン対応がやっかい…

今やWEBをスマートフォンで
閲覧する人が本当に増えました。

だからこそ
スマホから見られる意識
っていうのが必要なんですが
これ、本当にやっかいです。

機種によって画面サイズも
違いますしね。
自分のスマホでは見やすくても
他の方のだと…って事も多い

ブログは文字情報がほとんどなので
まだいいんですが


ランディングページやホームページは
スマホ対応が必須なので
もし業者さんに作って頂く場合
スマホからの使いやすさ
必ず確認してみてくださいね。

せっかくいい文章を書いても
読みにくかったら
その時点で「読まれない」

読んで頂くための工夫を
絶えずしていきたいですよね(^^)

この記事を書いた人

心の文章や 多田ゆりえ

心の文章や 多田ゆりえ

株式会社心の文章や代表取締役。
戦略を提示するコピーライターとしての経験とマーケティングの学び、そして自分史活用のスキルを組み合わせて法人様や個人事業主の方に対し、ミッション発信をコンサルティングいたします。
弊社MISSION「ミッションの発信を価値にする」