集客のコツ~人がつながる場を作る~

交流会やパーティを開催するメリット

よく交流会とかパーティとか
開催している人がいますよね。

私も毎月第二火曜日に
「広島つながるお茶会」を
開催していますし
7月から夜の交流会も
スタートさせます。

でも交流会もパーティも
楽しくはあるけれど、集客や準備
結構大変です。

それでもなぜやるのか?


もちろん楽しい場が好き!というのも
あるのでしょうが、きちんと
主催にはメリットがあります。

主催者って、集客できる力が
楽しみながらつくんです。
そして商品やサービスが売れる流れも
自然に出来上がる。

いきなり売らないための「つながり」作り

最近はコミュニティの時代だ、なんて
言われるようになりました。

どうしてコミュニティが大事なのか?

考えて頂けたらと思うんですが
商品やサービスを何か買いたいとき、
同じサービスなら顔見知りから買いたい
って思いませんか?

さらに顔見知りレベルではなくて
もっと親しい信頼おける相手であるなら
究極には
「中身が何だろうと
その人が提供するなら買う(行く)」

という考えにまで至ります。

そりゃ、売れますよね。
集客だって当然できます。

逆に、つながりのない状態で
いきなり商品を宣伝したり
イベントなどお誘いしたりしたら
反応は一気に悪くなります。

商品のセールスや集客は
どれだけ日頃人とつながっているか
が実は問われているんですね。

だから交流会とか出るのも大事
でもそれ以上に
「人と人がつながる場」を
自分から作り出せる人は強い
んです。

地元広島のつながりを見直そう

人とのつながりの重要性を
しっかり意識したのは
起業してしばらく経ってからのこと。

知識として「人脈は大事」と
知ってはいても、体感していなかった。

それが、東京などに仲間ができ
他県からは受注を受けるのに
広島でのビジネスは人脈不足でしにくい…
なんて事態に陥ってから
実感として落とし込めたんです。

広島が好きで、離れる気はなくて
広島にいつか持ち帰ってがんばろう

そう思って外で学んでたので
広島での地盤の弱さに気づいたときは
正直愕然としました。

でも、取り返そう!と思いました。
だからゆっくりでも
お茶会とか始めてみたり
広島の人達との交流を増やしてみたり。

倫理法人会に顔を出し始めたのは
その一環でもあります。

地元のつながりからの学びも
本当に大きいですし、楽しいです。

外からの学び、地元の学び
どちらも大切にバランスをとって
盛り上げていきたいですよね。

地元広島でのイベント開催

「広島つながるお茶会」
第二火曜日の15時~17時
銀山町の紅茶専門店にて開催中。
参加費1200円(Facebookで告知中)

「広島こいのぼり交流会」
ミニセミナーとピザパーティ。
第四か五の金曜夜19時~21時半
鶴見町のフローレ館にて7月から開催。
参加費2000円(Facebook告知中)

よかったらぜひ
人とつながりに来て下さいね(^^)/

この記事を書いた人

心の文章や 多田百合惠

心の文章や 多田百合惠

戦略を提示するコピーライターとしての経験とマーケティングの学び、そして自分史活用のスキルを組み合わせて法人様や個人事業主の方に対し、ミッション発信をコンサルティングいたします。
弊社MISSION「ミッションの発信を価値にする」